イベント情報

【特別展示】鵜匠家の美術品と文化人との交流

開催期間:

特別展示 鵜匠家の美術品と文化人との交流


 岐阜市長良の鵜匠家は、近代から現代にかけて活躍した文人や画家といった文化人と交流があり、特に鵜匠頭と呼ばれる、鵜匠を束ねる立場の鵜匠家では、貴人が自宅を訪れる機会が多くありました。

 本展では、鵜匠の山下家が所蔵する、長谷川朝風や植中直斎、宮本武蔵の鵜飼や長良川が題材の掛軸をはじめ、柳原白蓮が様々な物にしたためた短歌などを展示。また、文化人との交流や、日本を代表する日本画家・前田青邨、川合玉堂と交わした葉書や封書をご紹介します。

 鵜匠家や鵜匠が、芸術や文化にも精通した一面があることを知る機会となりましたら幸いです。

会期
9月8日(水)~11月8日(月)
※9月12日(日)まで、臨時休館中。9月13日(月)より開催予定です。
観覧料
大人500円(400円)小人250円(200円)
( )内は20名以上の団体料金
※常設展示含む
休館日
10月19日(火)、26日(火)
開館時間
9月8日~10月15日/9時~19時(入館締切18時30分)
10月16日~11月8日/9時~17時(入館締切16時30分)
場所
長良川うかいミュージアム 特別展示室
PAGE TOP
前売り観覧チケット購入