イベント情報

【特別展示】三次鵜飼~長良川とのかかわりと特色~

開催期間:

特別展示 三次鵜飼~長良川とのかかわりと特色~


 三次鵜飼(広島県三次市)は戦国末期からはじまり、江戸時代の参勤交代を機に、長良川鵜飼の影響を受け、今日の漁法の礎が築かれたとされています。その後も、独自の工夫や技術革新を重ねながら、450年以上の伝統を護り続けてきた三次鵜飼。

 2015(平成27)年には、広島県内の「民俗技術」として初めて、広島県無形民俗文化財に指定されました。

 本展では、「三次」と「長良川」それぞれの鵜飼の特色や文化財としての価値を解説パネルで紹介。岐阜で初展示となる、「三次鵜飼」独自の鵜飼用具や文献などをご覧いただきます。日本で受け継がれる鵜飼文化の奥深さ、素晴らしさに触れる機会となりましたら幸いです。

会期
2020年2月5日(水)~4月6日(月)
観覧料
大人500円(400円)小人250円(200円)
( )内は20名以上の団体料金
※常設展示含む
PAGE TOP