イベント情報

[特別展示] 夏休み企画 鵜と鮎のひみつ

開催期間:

特別展示 夏休み企画 鵜と鮎のひみつ


 「鵜飼」は、鵜匠が鵜を使って鮎を捕る漁のことです。

 岐阜市長良と関市小瀬で行われている「長良川鵜飼」は、1300年以上の歴史があり、その技術は親から子へと受け継がれ、今では多くの見物客が訪れています。岐阜の夏の風物詩といえば「鵜飼」を思い浮かべる人も多いでしょう。

 平成27年3月には、「長良川の鵜飼漁の技術」が「国の重要無形民俗文化財」にも指定されています。

 今回の展示では、鵜飼に関わる生き物、「鵜」と「鮎」の“ひみつ”を紹介します。「鵜」や「鮎」の詳しい生態や仲間たちを、はく製や骨格模型、写真パネルなどを使ってわかりやすく解説します。

 体験コーナー(ウのにおいや重さを体感)やクイズもあり、夏休みの自由研究におすすめです。

会期
7月11日(水)~9月3日(月)
観覧料
大人500円(400円)小人250円(200円)
( )内は20名以上の団体料金
※常設展示含む
※岐阜市内在住の中学生以下の方は展示室観覧料が無料
※毎月第3日曜日は「家庭の日」。中学生以下の方と同伴のご家族様は、展示室観覧料が無料
PAGE TOP