イベント情報

[特別展示] 長良川鵜飼に魅せられた文学者

開催期間:

特別展示 長良川鵜飼に魅せられた文学者

川端康成、柳原白蓮、北原白秋、岐阜ゆかりの作家


 1300年以続く幽玄の世界”長良川鵜飼”は、多くの人を魅了し続けてきました。かつて鵜飼の美しさに心を奪われた絵師は、筆を取り絵画を描き、松尾芭蕉は有名な俳句「おもしろうて やがて悲しき 鵜舟かな」を詠みました。

 本展では、明治~昭和の時代に発表された文学作品から、”長良川鵜飼”や”岐阜市”をテーマにした小説や短歌を、鵜匠との交流など、作品の背景を交えご紹介します。文豪・川端康成を中心に、柳原白蓮、北原白秋、里見弴、森田草平といった作家たちが魅了された、長良川鵜飼の趣きを感じていただけましたら幸いです。


※展示室観覧料でご覧いただけます。

会期
9月6日(水)~10月23日(月)
PAGE TOP